2017年10月21日土曜日

JOKER 新色


JOKER新色の案内です。
11月中旬発売予定
4色となります

"DRT BASS"

"BIWASAGI"

"ProBlue"

"SHINOBI"











今回はナチュラル系。よろしくお願いします!








2017年9月28日木曜日

10/1(ライフジャケットの日)はFishさん主催イベント


詳細は下記リンクへ




イベント限定カラーとして数本にはなりますが

K9とTik特別カラーで塗装してみました。

"チョコミント"





そしてFishさん主催のフォトコン入賞者用にも




その他ロッドや現在テスト中のルアーなどを展示いたします。

実績十分なFLカラーK9/TiKやコラボステッカーもご用意させていただきました


今回マニフォールドさんとの合同出展です^^



是非お越しください!


湖上は琵琶湖オープンですね〜


2017年9月22日金曜日

池原ダム釣行記

待ちに待ったサウザー425

三重クルーズさんへ取りに行き無事納艇^^ありがとうございました。


そして楽しみにしていた1年ぶりの池原釣行

なかなかいけず、予定していた日程は台風直撃.....

自分の運の無さにガッカリ。

池原ホワイトリバーさんへ連絡、次の日に降ろせそうなら連絡するわ〜!

次の日、台風で桟橋のロープが切れたけど船も降ろせる水位との事で急行!

前日まで台風、まとまった雨

台風後のパラダイスを求めいざ池原へ!


減水。前回と景色が違う。


桟橋修復も完了し、吊り上げ位置に少々苦戦するも....


無事池原の湖上に浮かびました!


8ft超えのロングロッドも邪魔にならんしワイドで広く自分には文句なしのボート。


一年ぶりの池原。癒されます。

今回の目的はテストアイテムの実釣動画撮影

klash "GHOST"
tinyklash "DK13"


初日は昼前に到着、様子見兼ねて湖全体見るプラン。

ホワイトリバー前の屋敷跡にてDK13を3投目でゲットなおチビさん。


DK13とは、タイニークラッシュの改造版プロトで4m潜るやつ。

そして前鬼バックウォーター、
台風の影響は少なかったのか?流木もそれほどなくすんなり到着。
40オーバーのバスがGHOST高速巻きに猛スピードで突進

しばらく様子見てたけどチビが遊んでるだけで期待感は薄く早々に退散。

キャスト キャスト キャスト

時間だけが過ぎていく。
途中、スタッフのヒロシとも状況交換しながら各エリアへ

場所によってターンオーバー水も悪く各筋の水温差は激しく±5度....

水温の高い場所が白川(上流はアウト魚っけ無し)と前鬼筋と備後筋

魚との遭遇率も高かった。ということを頭にインプット。

そんなこんなの初日が終了、桟橋に戻りヒロシを待つ。

釣れたか?と聞くとニヤけている。

ライブウェルを開けバコンバコン!それデカいやろ笑???


ALL OR NOTHING


やりましたDK13!前鬼スタンプでお見事なゴッパチ君!この後彼は超絶機嫌が良かった。


そんなこんなで初日終了。
ホワイトリバーさん情報によると秋パターン入っておりディープで釣れているとの事。

2日目、初日感じた事を活かし出船!バックウォーター目掛け全開。

一番ノリやろ!と思ったのも束の間、先行者アリ。しかももう退散準備している....

GHOST中心にキャストキャストキャスト

出てくる出てくるデカバスわらわら....の予定が一切無し!涙

ゴミ溜まり下に40くらいまでのスクールが少々。。。

禁断のTiK mode-B投入

連続トゥイッチングで誘う、ルアーがカバー際を離れ回収

しようとしたその時!TiK目掛け猛チェイス!


8の字でゲット〜!やっぱりTiKはエサや笑

サイズが小さいんでそそくさと退散。

昨日のヒロシが釣った58のレンジ、おっちゃん情報を元にレンジを下げ狙う
K9のROLLLIP+V-TAILにリア側3.5gのTGグレネードを
装着したスローシンキングセッティング

水の良い岬〜立木や岩盤〜いろいろと攻める
目をこらすとルアーの1m?くらい下をチェイス、何かキッカケが欲しいところ。

終了時間間際、魚の多かったストレッチにある立木の際

立木に絡んでほぐして通過後の数巻きで!


これはサイズ関係なし嬉しかった。この釣れ方は次に繋がる。

宿(カーブの店)に戻りホワイトリバーのおっちゃんと焼肉へ!
腹減ってたしこれは超絶楽しみにしていた^^


焼肉18(イッパチ)

本気でうまい。
次回も絶対に行きたいポイント笑



そして迎えた緊張の最終日

水の良いエリアの岬+立木に絞り
シンキングK9ヨタとクローン(シンキングチューン)を投入

この3日間で一番大型のチェイスがある....

しかし、入り直しやコース変えルアー変えやるも何も起こらず
チェイスすら無くなる。魚の足が速いのか?

迷宮入り。

時間いっぱいやって最後は禁断に手を出し

タ イ ニ ー の ヨ タ 巻 き で チ ビ 助 1 本

.....。

同時にヒロシも苦戦していたみたいで
タイニーmode-Bで夕方なんとか1本ヒネリ出したと笑


同じようなサイズで終了。

3日じゃ足らん。
台風後のパラダイスは存在しなかった....泣。
次は12月くらいでしょうか?

自分は釣果的に納得いくものでは無かったけれど
次に繋がる大きな手がかりはありました。

池原ダム、ほんと面白い!

今回もお世話になりましたホワイトリバーさん、カーブの店
ありがとうございました。


ヨタ巻きは池原でも釣れた笑

長文、ここまで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m


動画もよければどうぞ!今回2艇でGopro撮影しました(音楽音量注意)








2017年9月14日木曜日

巻感と感覚

お久しぶりの投稿です。

今日は"巻き感〜感覚"について

自分の場合、
巻物系のルアーは見た目の動きよりも巻き感を重視して作ったりチョイスしてます

しかし巻き感といってもその時のロッド&リール〜ハンドル、ラインや水の状態、
人間のコンディション(笑)により感じ方は様々なのですが。

巻き感の重要さに気付かされたのがシャトル


シャトルで良く釣るユーザーさんは
シャトルの"バイトさせやすい巻きスピード"を把握しているはずです。

シャトルは巻感が掴みやすいスイミングジグだと思います。

言葉で表現すると

グ〜

とか

グィ〜

とか

ヌ〜

です。

リール何回転で....と、ココで言ってもそれは参考程度で
実際現場に出てやってみても釣れるとは限りません。

良い巻き感を掴む為にはそのルアーに合ったタックルセッティングや、
ロッドの構え方〜パーミングの力加減も重要になってきます。


今、シャッドテールワームの"APOLLO"をテストしています。

色々な調整を繰り返し
とうとう自分の思う良い巻き感が産まれてきました。

タックルによってテストも面白い反応が見られました

それは以下の2SETでのAPOLLOノーシンカーのチェック時

タックル.#1

ARTEX"HACKER"  7.7ft M
REEL:CHRONARCH MGL(標準ギア) +VARIAL95
LINE:NYLON20lb

タックル.#2

ARTEX"蜃気楼" 7.2ft  XH
REEL:CHRONARCH MGL HG(ハイギア)+VARIAL100
LINE:フロロ16lb

この2タックル、

#1に比べてレングス短くて硬くてハイギアでフロロでという
世間一般的にも感度バキバキな#2セッティング。
これが、ボンヤリしていて.....
ルアーのアクションピッチ〜タックルセッティングが全く噛み合ってない感じで
巻きのスイートスポットを逃してる感満載です。
蜃気楼は改めてボトム専用のジグロッドなのだと再認識(笑

#1のセッティング、7ft後半でリールもノーマルギア比
そしてナイロン、ティップの入るMとだけ聞くと感度悪いんじゃ?な感じ。
しかし、テールが動く最低速度でも一振り一振り明確バイブレーションが伝わります。
中層スペシャルで仕立て上げただけある(自画自賛

これはシャトル+アポロでも同じ結果でした。

どちらで巻きたいか。



ここまできて何が言いたいか?というと

世の中には泳ぎの見た目が良いルアーっていっぱいあるし

感度の良いロッドも沢山あります。

BLOGや写真、動画でいくら詳しく解説しても

ルアーの巻感、ロッドの感度

ビルダーが狙ってる感じて欲しい良い巻感を

うまく具体的に伝えることは出来ない........

いくら良いとされるクランクベイトやスピナーベイトを手に入れても

それに見合ったタックルセッティングや

良い巻感、巻きスピードで巻けてなければ

その釣り自体のポテンシャルを発揮できない。

釣れてる人と全く同じセッティングで釣りしても差が出るのはそういう事

やっぱり釣りって"感覚"が重要なんだなと思う。

グ〜

グィ〜

ヌ〜

まさにこれなんですが、

わかりませんよね笑

奥深い"ただ巻き"の世界



























2017年9月5日火曜日

DRT ORIGINAL


DRT FULL PALMING CASTING SEAT
GraphiteComposite.
-DFPCS-17-


VIVID COLOR WINDING CHECK




VARIAL GRIP



ergonomic design







2017年8月28日月曜日

ROLL LIP



K9用のヨタ巻きリップ完成

基本的にはV-TAILとのセットで使用します。


TiKのヨタ仕様よりも潜ります。ヨタアクションさせながらのボトムノックなど.....
ウェイト調整〜追加ウェイト位置によってはロール/ウォブル50:50など、
アクション比率を調整することも可能です。
(例えばリアボディ側のフックアイにTGシンカーぶら下げると低速でウォブル増えます)


大型バス狙い、その駒の一つとして用意しておいて下さい。








オマケ

"リップレス爪楊枝モードBまたはA"

DRTスタッフやSNSでたまに見かけるけど何なの?

これは爪楊枝の新たな可能性(笑)

※改造は自己責任で




角度、各モードは上画像を参考にして下さい。
K9はmode-B
TiNYKLASHはmode-A
です。

TiKの爪楊枝mode-Aは浮き上がりやすいのでロッドティップを下げるか
ウェイト調整して下さい。

で、これやると何がどうなるか?

アクション時の映像は早送りしてません(瞬き禁止!ボリューム注意!)



ピンッ!ときたら試してみて下さい。
































2017年8月24日木曜日

VARIAL

お待たせしました!

VARIAL出荷。

※出荷作業が数日かかりました、地域によって時間差で到着する所もございます
ご迷惑おかけ致しますがよろしくおねがいいたします。




ハンドル本体〜ノブ、新色含めてのリリースです。


前回リリース時にVARIALノブ交換について、説明書通りにやっても外れない〜
もしくは締め過ぎてしまって回せなくなったと
数件お問い合わせいただいた事がありますので
外れない場合の対処法を紹介いたします。

用意するのは付属のレンチとビニールテープ。

画像の位置(根元)にテープをグルグルかさ上げ巻いてください

専用レンチをしっかり差し込み、テープを巻いた部分を持ち回す。

これでまだ固い場合は更にテープをかさ上げて回して下さい。


これでダメな場合はDRTの方までご連絡下さい
よろしくお願いしますm(_ _)m






V   A    R   I   A   L